カトリーヌの「朝1日1映画」

朝の時間を有意義に♪

「トータル・リコール」(1990年 アメリカ)

f:id:katori-nu100:20211212222516j:plain

By http://impawards.com/1990/total_recall.html, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=7300482

 

シュワちゃん主演のSFアクション大作を
コロナ禍に見る

今朝の1日1映画は「トータル・リコール」(1990年 アメリカ)を鑑賞。
西暦2084年。

火星の夢にとりつかれた一人の技師が、夢による疑似体験を受けようとした事から何者かに命を狙われ始める。

今の記憶が植え付けられた物である事を知った男は本当の自分を探すため火星へ飛び立つ……。

多分公開以来、何度か見ていると思うんですが、久しぶりに見ました。

面白いですねー。

若い頃のシュワちゃん、印象的なミゼット(小人症)の女優さんなどいろんなタイプの俳優さんの活躍ぶりが素晴らしい。

記憶操作や悪から逃げるなど、どこかで見たなと思ったら、原作は「ブレードランナー」「マイノリティーリポート」のフィリップ・K・ディックであり、監督はリアルにグロい「ロボコップ」のポール・ヴァーホーヴェン

それらの要素が化学反応を起こして、面白さが倍増していて…しみじみしました。

個人的に脳科学や心理学に興味があるので、記憶について考察する内容は非常に面白い。

記憶で火星に行っていたというこの映画、現在なら「コロナ禍で海外旅行に行けないなら、視覚だけでも行った気分になっちゃおう」という、VRやリモートロボットを使い、脳に刺激を与えて行った気分になれるということがなんだか似ています。

フィリップ・K・ディックの作品は、日常の世界が実際には構築された幻影だということに主人公らが徐々に気づき、超現実的なファンタジーへと変貌していくことが多いそう。

もう私たちは脳操作によって実現不可能なことはないのか?

そんなSFの映画世界がもうそこまで実現可能な気がして、時代の先を見てしまった感がします。

PS:このU-NEXT配信版はテレビ放送そのままを配信していて、オープニングはいきなり始まるし、CMカットもたくさん入って、実際より短い80分ぐらいでした。。。

↓予告編

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

amzn.to

↓ブルーレイはこちら

「ロジャー・ラビット」(1988年 アメリカ)

f:id:katori-nu100:20211212221622j:plain

By http://www.impawards.com/1988/who_framed_roger_rabbit_xlg.html, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=982170

 

あらゆるアニメキャラが製作会社を超えて共演。
大人なハードボイルドコメディー。

今朝の1日1映画は「ロジャー・ラビット」(1988年 アメリカ)を鑑賞。

1947年のハリウッドが舞台。

アニメーションの登場人物の住む町・トゥーンタウンを守るため立ち上がった町の人気キャラクター・ロジャーと、人間である探偵エディの活躍を、実写とアニメーションの合成で描いていく。

ミッキーやドナルドなどのディズニーキャラクターたちに加え、カトゥーンアニメーションの黄金期を支えたバッグス・バニーワーナー・ブラザース)やドルーピーメトロ・ゴールドウィン・メイヤー)、ベティ・ブープ(フライシャー・スタジオ)などが勢ぞろい。

アニメーションファンには、あのキャラとあのキャラが共演している!っていうだけで感動ものですよね。

その合成技術もすごくて、先に撮影された実写にアニメーションを合成する形で制作。

監督ロバート・ゼメキス、製作総指揮スティーブン・スピルバーグなど超有名監督らが手掛け、1988年のアカデミー視覚効果賞・アカデミー編集賞・アカデミー音響効果賞を受賞しています。

ストーリーとしては、結構大人なハードボイルド。

ベースは、ミステリーの傑作として語り継がれるロマン・ポランスキー監督「チャイナタウン」がかなり影響してると思われます。

そこに子供にもわかるアニメキャラのドタバタを入れ込んであるので、映画全体のテンポとして、スローでムーディーな大人な雰囲気と、スピーディーで目まぐるしく変化する子供の世界観が共存していて、そのアンバランスさに、見始めてしばらくはちょっとついていけない感じも…。

後半になるにしたがって、全体的にスピード感が増しコメディー要素が強くなってきて、雰囲気が統一されていく感じがあるのでなじめました。

ドルーピーが出てきたので、個人的にはトムとジェリーも出てきてほしかったんですが、権利関係の問題で出演できず。。。

いろんな意味で夢が実現した映画ですね。

↓予告編

 

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

amzn.to

↓ブルーレイはこちら

「普通の人々」(1980年 アメリカ)

f:id:katori-nu100:20211212220754j:plain

By Link, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=4369376

 

1つの家族が教えてくれる
人生の処方箋

今朝の1日1映画は「普通の人々」(1980年 アメリカ)を鑑賞。

ごく普通の中流家庭であるジャレット一家。

お互いに尊重し合い、家族4人で幸せな毎日を送っていた彼らに、長男の事故死と次男の自殺未遂という悲劇が降りかかる。

そしてこの出来事をきっかけに、信頼しあっていたはずの家族の歯車が少しずつ狂いはじめるのだった……。

名優ロバート・レッドフォードの監督デビュー作にして、1980年度アカデミー賞4部門(作品・監督・助演男優・脚色賞)に輝いた傑作ヒューマン・ドラマ。

なかなか重くて深い内容なんですが、登場人物それぞれの繊細に揺れ動く感情を丁寧に描いていて、結構見ごたえがあります。

辛い出来事を一人で抱え、すべて自分のせいだと自責の念にかられリストカットをしてしまう息子。

他人のせいにせず「自分原因論」で思考することは問題解決方法としてスムーズにいくこともありますが、こういうケースには難しい。

そして、問題が起こったときにそれに触れないように、関わる者を拒絶・放棄し、考えないようにすることで前へ進もうとする母。

周りから見るとかなり冷たく見えるんですが、彼女にはこれが精一杯で限界なんですよね。

父はその間に立って右往左往するんですが、なかなか解決方法が見当たらない。
そんな中で、精神科医がこの家族の問題点を整理して、人生の道筋を見出してくれる存在として描かれていて、いいセリフもたくさんあります。

人間の心模様を描くドラマは、小説なら心の声として文字にできますが、行動で描く映画の場合は難しい面が。

ですが、回想シーンや役者の表情、詳細なエピソードと会話の中のセリフで心の機微を見事に表現していて、分かりやすいです。

映画の構成はしっかり破壊と再生を表現。

こういった辛い出来事が起きた場合、私たちはどう向き合い、どう対処していけばいいのか。

その答えが詰まった、見た後にスッと心が軽くなる、人生の処方箋のような映画です。

↓予告編

 

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

↓DVDはこちら

「ジム・キャリーはmr.ダマー」(1994年 アメリカ)

f:id:katori-nu100:20211212000157j:plain

By May be found at the following website: IMP Awards, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=17213577

 

アカデミー作品賞「グリーンブック」の監督の原点となる、2人の友情ものコメディー!

今朝の1日1映画は「ジム・キャリーはmr.ダマー」(1994年 アメリカ)を鑑賞。

ひょんな事から、一目惚れしたレディが空港にスーツケースを忘れるのを目撃したロイドは、相棒のハリーと車で彼女のいるアスペンへと向かう。

ところが、そのスーツケースの中には誘拐された彼女の夫の身代金が入っていた……。
ジム・キャリー主演によるスラップスティック・コメディー。

いやー、楽しい! じっくり面白という映画ではなくて、息つく暇もなく楽しいっていう方が正解な内容。

というのは、いつも分析のためノートにメモをしながら見ているんですが、書くのが追い付かないくらい小ネタが多いんです!

冒頭シーンのジム・キャリー演じるロイド登場シーンでの、おかっぱ頭に欠けた前歯っていういで立ちだけで持っていかれました

三四郎の小宮さんがテレビに出始めの頃、前歯が欠けた状態でキレ芸をしていましたよね。

初めてテレビ(ゴッドタン)に出る2日前、終電に間に合おうと駅まで走っていた時に転んで骨折して前歯も欠けて…ということがあり、その姿がウケたので、その後3年も前歯が欠けているのを直さなかったというエピソードを思い出します。

そして映画の流れがいいんですよね。

1つの出来事が思いがけない方向へ転がっていき、話が進むにつれて速さを増していく。

常識にとらわれない登場人物、テンポのよいバカバカしい会話、つぎつぎに事件が起きる波乱にとんだ出来事…まさに「スクリューボール・コメディ」です。

監督は「グリーンブック」(2018)で第91回アカデミー作品賞を受賞したピーター・ファレリー。

このような2人の友情を描く「バディもの」に長けていて、弟のボビー・ファレリーとともにファレリー兄弟としてコメディ映画を多く監督しています。

どの作品でも本物の障害者を障害者の役で必ず登場させていて、この映画にも2人登場。

作品中には良い障害者もいれば悪い障害者も出てきて、ちょっと差別的? と思わせるシーンもあるんですが、障害を個性の一部というスタンスで捉え、あくまでハンデキャップを持つ一人の人間として描いているのでアメリカの障害者からの支持は高いそう。

ふたりにクギづけ」もめちゃめちゃ面白かったですしね。

「バディもの」としては、最高の作品です。

↓予告編

 

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

↓ブルーレイはこちら

「ダンテズ・ピーク」(1997年 アメリカ)

f:id:katori-nu100:20211211235059j:plain

By impawards, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=11497191

かなりのスケールの火山パニック映画。

今朝の1日1映画は「ダンテズ・ピーク」(1997年 アメリカ)を鑑賞。

死火山“ダンテズ・ピーク”を調査しにやって来た火山学者ハリー。

調査の末、地殻変動の兆候を発見した。

仲間の研究者たちに知らせたものの信じてもらえなかった彼は、市長のレイチェルのもとに押しかける。

上司の反対を押し切って、避難を勧告するハリー。

だがついに、大地震が起こってしまった。

しかしそれも、大噴火の前触れにすぎなかったのだ……。

火山の噴火の驚異とそれに立ち向かう人々の姿を、最新のSFXを駆使した描いたパニック・スペクタクル超大作。

これ、結構怖いです。

火山の噴火、溶岩、土石流、噴石などのシーンはもちろんなんですが、個人的には川の濁流のシーンがすごいなと。

最近のパニック映画の重力などを超越した、どこからカメラを撮ってるの? みたいな感じではなく、90年代の映画ならではの、部分的にはリアルなセットで、カメラはここから撮ってますっていうのが分かるのが逆にリアリティーがあって、怖い感じがあるんですよね。

ストーリーは、いろんなことが起こりますが、基本には忠実。

人物描写や行動には逆にリアリティーはなくて、いやいや、それはありえんでしょっていうツッコミどころはあるんですけどね。

「カエルは、いきなり熱湯に入れると驚いて逃げ出すが、常温の水に入れて徐々に水温を上げていくと逃げ出すタイミングを失い、最後には死んでしまう…」 というゆでガエル理論で、噴火が起きる前に街の人々を非難させる場面は、災害時に遭遇した場合のわが身に置き換えてしまいました。

富士山では2000年秋から噴火の予兆といわれる低周波地震が10倍ほどに増えているそう。

300年噴火していないスタンバイ状態の現在、何ができるのかを想像しておくのにはいい映画かもしれないです。

↓予告編

 

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

amzn.to

↓ブルーレイはこちら

「エクストリーム・ジョブ」(2019年 韓国)

f:id:katori-nu100:20211211234303j:plain

By cj ent., 공정 이용, https://ko.wikipedia.org/w/index.php?curid=2468567

 

見たあとチキンが食べたくなる!
麻薬捜査とチームの奮闘を描く痛快アクションコメディー。

昨日は朝から晩までロケ→上映会で見られなかったので夜鑑賞。

昨日の1日1映画は「エクストリーム・ジョブ」(2019年 韓国)です。

ひょんなことから大人気フライドチキン店を経営することとなった麻薬捜査班の姿を、「王になった男」のリュ・スンリョン主演で描いたアクション・コメディー。

普段まったく韓国映画を見ない弟なんですが、これは面白い!とすすめられて見ました。

韓国映画は字幕で見る派なんですが、セリフにコメディやギャグの要素があるので、言い終わる前にネタバレしてしまうというのがあり、今回は吹き替え版で。

見てみると、うん、面白い! こんなの撮りたい! と思える映画。

監督に「イ・ビョンホン」とあり、え? あの韓流スターのイ・ビョンホン? と思ったら同姓同名の別の方です。

まず刑事が張り込みのためにチキン屋をやるっていう設定が面白い。

フライドチキン屋は、韓国では人気デリバリーの1つで、24時間いつでも持ってきてくれます。

私も韓国で注文したことがあるんですが、一人前が食べきれないほど多くて、独特の甘辛のたれが美味しく、夜中でもバクバクたべちゃうんですよね。

それから刑事5人のキャラクター設定がしっかり描かれていて、細かい演出も分かりやすい。

フィナーレでの展開も新たな一面が見れてなるほどーという感じで。
現在、自主映画でアクション映画を撮っているのもあって、アクションシーンを注意して見てしまうんですが、この映画の殺陣は柔道からカンフーまでいろんな種類が取り入れてあり、予想外のカメラワークにいい意味で裏切られ、地味だけど派手で車は何台も破壊されています。

音楽もシーンに合わせた雰囲気の選曲がしてあって、コメディーには音楽が非常に重要なことが分かりますね。

やくざの座り方やタトゥーの見せ方も、リアリティが。

ケヴィン・ハート主演でハリウッドリメイクされることが決定。

そっちも気になりますけどね。。

こういう映画を見せられると、アクション映画っていいなって思います。

PS:主役のさえないおじさん刑事を演じたリュ・スンリョンさんには、釜山国際映画祭に行ったときに、冷麺屋で出会いました。あの普通っぽさが韓流スターのキラキラした感じとは違って、親しみが持てます。
↓予告編

 

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

amzn.to

↓ブルーレイはこちら

 

「チャイルド・プレイ」(1988年 アメリカ)

f:id:katori-nu100:20211211232940j:plain

By Heritage Auctions: [1], Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=7701131

 

映画「ターミネーター」にも影響を与えた
大人気人形ホラーシリーズの第1弾。

今朝の1日1映画は「チャイルド・プレイ」(1988年 アメリカ)を鑑賞。

刑事に追われた殺人鬼は、逃げ込んだ玩具店で人形に呪文を唱え絶命するが…。

連続殺人鬼の邪悪な魂が宿った人形が人間を襲うショッキングホラー。

見たことがあるかないか忘れているので初見に近い状態で鑑賞しました。

人形が暴れだすぐらいの知識しかなかったんですが、これは、面白いですね!

ホラー単体のお話ではなく、犯罪系ガンアクションと絡ませてあり、お話が膨らんでいる。

子供の部分は、のちの映画になりますが、まさに「ホーム・アローン」のような大冒険でもあり。

ホラーにおいて、ただの恐怖体験だと、エクソシストのように、怖い思いをしている人が精神的におかしいんじゃないかと考えたり、いかに怖がらせるかの「怖がらせ合戦」になる部分がありますが、この作品は犯罪もののリアリティやミステリー、子供の成長体験としてのリアルさがあって、怖さの種類がなんだか違うんですよね。

この映画シリーズ7作品でプロデューサーを務めるデヴィッド・カーシュナーが『The Dollhouse Murders』を読んだ後にキラー・ドールを題材とした映画の製作を望んで映画化。

このカーシュナーさんは、プレゼンがすごくうまいことで有名で、映画会社にすぐお買い上げされ、彼が売ると必ず映画化されるそう。

プレゼンの場に俳優さんを呼んでサプライズプレゼンなどもするそうで、こういう「営業能力」も映画制作の才能の一つでもありますね。

映画「ターミネーター」の殺人ロボットもこの作品からヒントを得たそう。

このほかのシリーズ作品も見てみたいと思います。

↓予告編

 

↓U-NEXTで見ました。

 

アマゾンプライムビデオはこちら

amzn.to

amzn.to

↓ブルーレイはこちら