カトリーヌの「朝1日1映画」

朝の時間を有意義に♪

「だれもが愛しいチャンピオン」(2018年 スペイン)

f:id:katori-nu100:20220417222849j:plain

Campeones (2018) - FilmAffinity

あたたかい気持ちになれる
スペインの知的障がいバスケットボール

今朝の1日1映画は広島映画サークルの上映会で「だれもが愛しいチャンピオン」(2018年 スペイン)を鑑賞。

バスケットボールのプロリーグでコーチを務めるマルコは、短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。

知的障害者のバスケットボールチーム「アミーゴス」を指導することになったが…。

ハンディキャップを持つ選手たちによるバスケットボールチームと人生迷走中なコーチの出会いと絆を描き、スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で作品賞など3冠に輝いたドラマです。

スペイン映画は見た記憶がなく、たぶん初めてぐらいの鑑賞。

見始めて、キャストのみなさんがものすごく早口でしゃべっていて、日本語や英語の映画を2倍速で見ているよう。

カット割りもテンポがよく、手持ちカメラで撮っているのですごくせわしない感じ。
調べてみると、スペインの方って早口とのこと。

国によってこんなに雰囲気が違うのかと発見です。

でもしばらくして知的障害者の方々が登場するシーンから、わりと普通のテンポになるので、監督のねらいなのかもしれないんですけどね。

キャストは実際に障害を持つ600人の中からオーディションで選ばれた10人の俳優を起用。

障がい者差別に向き合った社会的な内容であるにも関わらず、コメディーとして成立しているのは、監督の前向きな考えからからでしょうか。

何はともあれ障がい者のキャストの方々が素晴らしい。

個性あふれる演技は、すごくハートフルでみんな愛おしくって。

コーチがチームのメンバーそれぞれに向き合い、バスケットボールを指導することによってみんながチームワークを学び、コーチ自身が成長していく姿が描かれていて、何が大切なのかということを改めて考えさせられます。

この映画のさらに踏み込んでいる点は、高齢妊娠・出産についても取り扱っていること。

深い部分まで描いてあるのにも関わらず、笑って泣けるエンターテインメントに仕上げてあり、ジーンとしちゃいました。

いい映画です。

↓予告編

 

アマゾンプライムビデオはこちら

字幕版

https://amzn.to/393ds3t


↓ブルーレイはこちら